スタッフブログ

妊娠中のお口の状態について🤰

こんにちは!

タクヤデンタルクリニック歯科衛生士の樋口です😃

 

最近は少し肌寒い日があったり、風が強かったりと、体調を崩しやすい天気が続きましたね。

皆さんいかがお過ごしですか?

GWまであと少し!

GW前半の天気は良さそうですね🌷

 

さて、本日は妊娠中のお口の状態についてお話させていただきます😉

 

妊娠するとお口の中はどうなるのか?

 

①唾液の分泌量の変化

唾液にはお口の中を中性に保つ効果がありますが、ホルモンバランスの変化により、唾液の分泌量が減り、食事後にお口の中が酸性に傾いた状態が続き虫歯になりやすくなる。

一方で、唾液つわりがあり唾液の分泌量が増える方も居るようです。

 

②食事の内容や回数の変化

つわりにより、間食回数が増えたり、食べれるものが限られ今までと食事内容が変わったり、また妊娠後期には一度に食べる量を減らし小分けに食事をしないとお腹が苦しい場合もあります。

食べ物の摂取回数が増えるほど、お口の中は酸性に傾いた状態になります。

 

③ホルモンバランスが崩れ、歯周病菌が繁殖し、歯肉炎になりやすい

歯周病菌には、女性ホルモンを好む菌もいるため、女性ホルモンが増えると菌が活発になり、歯肉が腫れやすくなります。

 

④つわりにより歯磨きが困難になり、歯肉炎が進行する

つわりの時期は、歯ブラシを入れただけで気持ちが悪くなる場合があります。

そのため、プラークをしっかり落とすことができず、歯肉が腫れやすくなります。

 

☆歯磨きのポイント☆

・小さめの歯ブラシを使ってみる

・うがいを頻繁に行う

・歯磨き粉の泡が不快な場合は、歯磨き粉をつけずに磨く(無理に歯磨き粉を付けなくても、プラークを落とせれば十分です)

・体調がわりと良いタイミングや、リラックスしている時に行う

・唾液が溜まるのが不快な場合や、嘔吐反射が強い場合は、洗面所で前かがみになり、口を開けて磨くのも1つの方法です

・もし出来そうならば、フロスや歯間ブラシを使ってみましょう

 

 

妊娠中の体調や精神状態の変化は、人それぞれです。

妊娠中、歯科に関して何かご質問があれば、お気軽にご相談ください。

この記事を見て、これなら出来そう!という歯磨きのポイントがもし見つかれば幸いです✨

 

 

 

そして、私事になりますが5月より第一子出産のため、1年間の育児休暇をとらせていただくことをご報告致します。

 

先程の内容と関連してですが、私は初めての妊娠でつわりも経験しました。

私の経験談を少しお話すると、、

私の場合は、つわりの時期は四六時中何をしていてもずっと気持ちが悪く、特に匂いには敏感になり、食べられる物もかなり限られました。

歯磨きに関しては、やはり今までのように磨くことは出来なくて、いつもの歯磨き粉の味が苦く感じたり、長い時間磨くと唾液がたまって気持ち悪かったり、体調が悪い時はうがいも気持ち悪かったり、毎日続けていたフロスは体調を見計らって主に前歯しか使えませんでした。

歯肉も少し腫れていたと思います。

つわりが落ち着いてからフロスをしてみると大量に出血しました。

 

妊娠中の皆さんそれぞれ症状が違うと思います。

大丈夫です!出来ない時は無理をしないで、出来るときに少しずつしてみましょう。

体調が良くなってから、しっかり歯磨きやフロスをしましょう。

 

妊娠という経験を活かして、経験をふまえたアドバイスや共感をしながら仕事に携われました。

復帰後は、母親として成長し、母親目線でも歯科衛生士として皆さんの健口をサポートできればと思っております。

 

出産を間近に控えて不安もありますが、これからの出産、育児が楽しみでもあります😊

 

また皆さんと笑顔でお会いできる日を楽しみに、育児に奮闘して参ります。

 

 

今後もタクヤデンタルクリニックをよろしくお願い致します!

 

 

 

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は「タクヤデンタルクリニック」にお任せください。

インプラント・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・審美歯科・予防歯科など様々な歯の治療に対応しております。

所在地 山形県山形市嶋北4丁目2番33号(ヨークタウン嶋)
電話番号 023-681-4182
診療時間 午前 8:30~12:00 午後 13:30~18:00
土曜日:午前8:30~12:30 午後13:30~17:00
休診日 日曜・祝日
駐車場 駐車場完備-お車でお越しいただけます。
ページトップへ