スタッフブログ

金属床義歯とは

一般的に「入れ歯」と呼ばれている義歯には、実に様々な素材や種類があります。保険適用の素材の義歯は樹脂のみですが、自費のものは上顎部分に金属が使われている「金属床義歯」という義歯も多数あります。今回は金属床義歯についてご紹介いたします。

 

■保険適用の義歯と金属床義歯について

入れ歯は、失った歯の機能回復治療として最もスタンダードな治療法です。入れ歯には保険適用のものと、保険適用外のものがあります。

保険適用の入れ歯の素材には樹脂が使われています。保険適用のため安価で治療および入れ歯の作製ができますが、機能面がやや劣ること、そして熱が伝わりにくく食事の味がわかり辛いことが大きなデメリットです。

 

自費の入れ歯は上顎の部分に金属が使われている金属床義歯など、色々な義歯があります。

特に金属床義歯は保険適用の樹脂の入れ歯と違い、金属を使うことで入れ歯自体が薄く丈夫で違和感が少ないこと、熱を伝えやすく食事の味がわかりやすいことが特徴です。

保険適用の入れ歯の約1/3の薄さのため、違和感が少ないでしょう。

 

プラスチックの入れ歯は壊れやすいことに対し、金属床義歯は金属を使っていることで薄く丈夫であることも大きなメリットです。保険の入れ歯は破損しても修理が容易ですが、金属床義歯もレーザーで溶接して修理することが可能です。またたわみにくく、壊れにくいこともメリットとして挙げられます。

 

反対に、金属床義歯は自費治療のみとなり高額な治療費が必要になることがデメリットと言えます。

 

■金属床義歯の種類について

次に金属床義歯の種類をご紹介します。

 

・チタン床

金属の部分がチタンで作られている入れ歯です。チタンは歯科インプラントの素材としてよく知られていますが、金属床義歯でも使われます。チタンは腐食せず、アレルギー反応を起こしにくい性質があり、体に優しい金属です。

 

・コバルト床

コバルトクロムを使った金属床義歯は歴史が長い入れ歯です。丈夫で使いやすい入れ歯ですが、コバルトクロムにアレルギー反応を示す方もいるため、心配な方は歯科医院に相談して下さい。

 

金属床義歯は変形しにくく、破損することはめったにありません。また樹脂に比べると汚れが付きにくく、清潔に使うことができることも金属床の優れた点です。

入れ歯を長く快適に使用するためにも定期的に歯科医院で調整してもらうようにして下さい。

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は「タクヤデンタルクリニック」にお任せください。

インプラント・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・審美歯科・予防歯科など様々な歯の治療に対応しております。

所在地 山形県山形市嶋北4丁目2番33号(ヨークタウン嶋)
電話番号 023-681-4182
診療時間 午前 8:30~12:00 午後 13:30~18:00
土曜日:午前8:30~12:30 午後13:30~17:00
休診日 日曜・祝日
駐車場 駐車場完備-お車でお越しいただけます。
ページトップへ