スタッフブログ

適切な入れ歯の手入れの仕方

失った歯の機能回復手段として最もポピュラーな治療法といえば、入れ歯です。この入れ歯を快適に使うためには、普段のお手入れが非常に大切です。では入れ歯を快適に使うためにはどのようなお手入れをすればよいのでしょうか。

 

■入れ歯は口臭の原因になりやすい

入れ歯は取り外し式の義歯ですが、義歯と歯ぐきの隙間に食べ物が挟まりやすいことから口臭の原因になりやすい治療法でもあります。

また取り外した際に、ピンク色の床(しょう)の部分には食べかすが残りやすく、きちんと手入れを行わないと不衛生となってしまいます。

そのため正しいお手入れを行い、口臭を防ぐ必要があります。

 

■入れ歯のお手入れの方法について

ではどのように入れ歯の手入れを行うのでしょうか。

 

・毎食後に入れ歯を取り外し、流水ですすぐ

・日に一度は歯ブラシを使って入れ歯を磨く

・研磨剤入りの歯磨き剤を使わない

・絶対に熱湯で洗わない

・就寝前は入れ歯を外して歯茎を休める

 

入れ歯は清潔第一です。面倒でも、毎食後に入れ歯を外して流水ですすぎ、食べかすを残さないようにします。また寝る前は入れ歯を外すようにしてください。歯ぐきを休めることと細菌の繁殖を防ぐためにも、入れ歯を着けたまま眠らないようにしましょう。

 

寝る前などは歯ブラシを使って入れ歯全体を磨きます。このときに気を付けなければならないことは、研磨剤入りの歯磨き粉を使わないことです。

保険適用の入れ歯はプラスチックで作られていますが、歯磨き粉を使って磨くと、歯磨き剤に含まれる研磨剤によってプラスチックが傷つき、汚れや細菌が溜まりやすくなってしまいます。

入れ歯を清掃するときは、手洗い用の液体せっけんをつけて歯ブラシで洗うと、入れ歯全体の汚れやヌメリをきれいに落とすことができます。

 

また市販の入れ歯洗浄剤を使うと、除菌も行えます。一日使った入れ歯の汚れを歯ブラシで落とし、入れ歯洗浄剤に浸けておくととても衛生的です。

 

なお、熱湯は消毒効果が高いと思われがちですが、入れ歯に熱湯は絶対に使わないで下さい。プラスチックが変形して入れ歯が壊れる恐れがあります。

 

■入れ歯を快適に使用するために、定期検診を必ず受けましょう

入れ歯のお手入れの方法についてご紹介しました。入れ歯は清潔に保つことがとても大切です。毎日きちんとお手入れを行うことが、入れ歯が長持ちします。

また定期検診は必ず受診するようにして下さい。定期検診では入れ歯が快適に使えているかどうか、噛み合わせなどをチェックするほか、歯ぐきに異常はないか、他の歯が虫歯や歯周病になっていないかどうかを確認します。

いつまでも食事を楽しんでいただくためにも、毎日の適切なお手入れと定期検診は欠かせないのです。

 

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は「タクヤデンタルクリニック」にお任せください。

インプラント・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・審美歯科・予防歯科など様々な歯の治療に対応しております。

所在地 山形県山形市嶋北4丁目2番33号(ヨークタウン嶋)
電話番号 023-681-4182
診療時間 午前 8:30~12:00 午後 13:30~18:00
土曜日:午前8:30~12:30 午後13:30~17:00
休診日 日曜・祝日
駐車場 駐車場完備-お車でお越しいただけます。
ページトップへ