スタッフブログ

虫歯を放置したらどうなるのか

もしかして虫歯かも?と思うような症状がある場合、すぐに歯科医院を受診していますか?ちょっと滲みるくらいだし、忙しいからまだいいか、と思って虫歯を放置すると、大変なことになってしまうのです。

 

■虫歯の症状と進行について

虫歯は進行度合いにより、5つの段階に分かれます。まず虫歯の進行具合とそれぞれの特徴をご紹介します。

 

  • CO(しーおー)・・・歯の表面のエナメル質が少し溶けた「脱灰」という状態。歯は削らず、フッ素塗布などで様子を見る、虫歯の一歩手前の要観察歯。

 

  • C1・・・エナメル質が溶け、歯に穴が空いたり茶色くなっている状態。痛みなどの自覚症状はないが、フッ素塗布では治癒することができず、歯を削る治療が必要になる。虫歯部分を削り、歯科用レジンを詰めて治療を行う。

 

  • C2・・・虫歯が象牙質まで進行し、冷たいものや甘いものが滲みる症状が出始める。歯を削ってレジンを詰めるか、神経近くまで虫歯が進行している場合はレジンではなく、金属やセラミックなどの詰め物を詰める治療になる場合がある。

 

  • C3・・・虫歯が歯の神経や血管が通っている歯髄まで進行した虫歯。激しい痛みを伴い、この時点ではじめて歯科医院を受診する人も少なくありません。虫歯菌に汚染された神経を取り除き、根の中を治療する根管治療が必要になる。

 

  • C4・・・虫歯が根の中まで進行した状態。神経は死に、歯質はすっかり溶けて根っこだけになった状態。歯を残すことはできず、残念ながら抜歯となる。

 

このように虫歯は段階を経て進行します。治療が早ければ早いほど治療が軽く済み、歯を長持ちさせることが可能になります。

 

■虫歯を放置したら・・・?

虫歯かもと自覚した場合、早急に歯科医院を受診して適切な治療を受けなければいけません。長引けば長引くほど症状は悪化し、その分治療も長引きます。

神経まで到達した虫歯が根の中まで進行すると神経が虫歯菌に侵されて死んでしまうことで、激しい痛みを感じなくなります。もし痛みがなくなったからとこのまま放置すると、根の中に潜む虫歯菌や死に絶えて腐り始めた神経によって膿が溜まり始めます。いちど治まった痛みがまたじわじわと広がり始め、再び激しい痛みが起こります。これは根の先に溜まった膿や細菌により歯根膜が炎症を起こす歯根膜炎という症状で、歯ぐきの腫れを伴い、重症の場合は顔が腫れてしまうこともあります。症状が重い場合は口腔外科などで抗生物質を投与することもあり、ひどい場合は細菌が血管内部に入り込んで発熱し、入院加療をしなければならないこともあります。

歯の根部分に大きな穴が開いていなければ根管治療を行って歯を残すことも可能なケースがありますが、ほとんどの場合抜歯を行って入れ歯やインプラントによる機能回復治療が必要でしょう。

 

■虫歯だと思ったら決して放置しないこと

虫歯は侮れない病気です。そんなに痛くないし我慢できるからといってそのままにしておくと、悪化するばかりです。虫歯は決して自然治癒しません。治療が早いほど通院回数も費用も抑えることができるため、おかしいなと思ったら早めに歯科医院を受診するようにして下さい。

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は「タクヤデンタルクリニック」にお任せください。

インプラント・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・審美歯科・予防歯科など様々な歯の治療に対応しております。

所在地 山形県山形市嶋北4丁目2番33号(ヨークタウン嶋)
電話番号 023-681-4182
診療時間 午前 8:30~12:00 午後 13:30~18:00
土曜日:午前8:30~12:30 午後13:30~17:00
休診日 日曜・祝日
駐車場 駐車場完備-お車でお越しいただけます。
ページトップへ