スタッフブログ

差し歯による歯茎の変色(メタルタトゥー)は元に戻せますか?

鏡で自分の歯をよく見てみると、差し歯の辺りに歯ぐきに黒ずみはありませんか?この黒ずみは被せ物に使われている金属が原因で起こる「メタルタトゥー」と呼ばれるもので、歯ぐきの色素沈着です。審美面を損ねてしまうこのメタルタトゥーを治す方法はないでしょうか。

 

■メタルタトゥーを引き起こすのは、金属素材

虫歯治療で根管治療を行った後は、被せ物を装着して歯の機能を修復します。

この被せ物には保険適用のものと自費診療のものを選ぶことができますが、保険適用の被せ物は金属が使われます。

犬歯までの前歯の場合、前装冠と呼ばれる表側が白いプラスチック、内側と裏側は金属素材になり、大臼歯の場合は全部が金属で作られる被せ物になります。

歯科治療の被せ物に使われる金属や被せ物を被せるための土台は、年数が経つにつれて金属イオンが溶け出し、黒ずみとなって歯ぐきに色素沈着が起こります。

 

■メタルタトゥーを元に戻すには?

ではメタルタトゥーの改善のためにはどのような治療が行われるのでしょうか。

 

・原因となっている金属を取り除く

メタルタトゥーの原因は被せ物や土台に使われている金属が原因のため、まず原因となっている金属素材をお口の中から除去します。

 

・被せ物や土台を非金属素材のものにする

被せ物をオールセラミックなどの非金属のものに変えることで、メタルタトゥーの心配がなくなります。また土台はファイバーコアやレジンコアなど白い素材のものを使うようにします。

 

・オールセラミック

金属を全く使わない、白くて審美的にも優れている素材はやはりオールセラミックでしょう。特に前歯にとても適しており、美しい口元を取り戻すことが可能です。

 

・ジルコニアセラミッククラウン

奥歯の場合、噛む力を必要とすることから同じ白い被せ物でもオールジルコニアクラウンが適しています。人工ダイヤモンドと言われているジルコニアは強度にとても優れており、奥歯に最適です。ただしやや人工的な白さのため、審美面ではオールセラミックに劣るため前歯ではあまり使わないほうがいいでしょう。

・ハイブリッドセラミック

セラミックにレジンを混ぜたハイブリッドセラミックは、オールセラミックと比べると若干審美面は劣りますが、それでも金属を使わない美しい歯を手に入れることができます。

オールセラミックと比べると安価ですが、強度はやや劣ります。

 

■レーザー治療でさらにきれいな歯ぐきを取り戻す

メタルタトゥーの原因である金属素材をお口の中から取り除き、非金属の素材を使った治療を行うことがメタルタトゥー改善治療の基本です。それと併せて歯科用レーザーを使用して黒ずんだ部分を治療することで、さらにきれいな歯ぐきを取り戻すことが可能な場合があります。

ただし歯科用レーザーは、どこの歯科医院にもあるとは限りません。メタルタトゥー治療の治療経験が多い歯科医院ならレーザーを導入していることが多いと思いますので、まずは歯科医院に尋ねてみて下さい。

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は「タクヤデンタルクリニック」にお任せください。

インプラント・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・審美歯科・予防歯科など様々な歯の治療に対応しております。

所在地 山形県山形市嶋北4丁目2番33号(ヨークタウン嶋)
電話番号 023-681-4182
診療時間 午前 8:30~12:00 午後 13:30~18:00
土曜日:午前8:30~12:30 午後13:30~17:00
休診日 日曜・祝日
駐車場 駐車場完備-お車でお越しいただけます。
ページトップへ