スタッフブログ

天然歯と近い色味の入れ歯は自費だけか

歯を失ってしまったら、噛むための機能を回復させる治療が必要です。欠損部分を補う最もポピュラーな治療法は、やはり入れ歯でしょう。入れ歯は保険適用で安価で製作できるところが大きな魅力です。しかし自費のものと比較すると出来上がりに差が出てしまうのも否めません。保険適用で入れ歯を作製した場合、天然歯と近い色味を再現することは難しいのでしょうか。

 

■保険診療の入れ歯の特徴とは

保険診療で部分入れ歯を作製した場合、安価で治療できることが大きなメリットです。

しかし入れ歯に限らず、どの治療でも保険診療と自費診療では仕上がりなどに差が付くことは否めません。保険診療は最低限の機能回復を取り戻すことを目的としており、審美面はそこまで考慮されません。したがって保険の入れ歯は金具が見えてしまう、プラスチックのため摩耗しやすく変色もしやすいことがデメリットとして挙げられます。

特に人工歯部分はプラスチックの特性上、使用しているうちに汚れが付着し、黄色っぽく変色してきます。

保険の入れ歯の場合、審美面と耐久性における問題点を抱えていると言えるでしょう。

 

■自費の入れ歯

では自費の入れ歯はどうでしょうか。

自費診療の場合、保険のように制約を受けることはありません。治療工程も保険と比べると時間をかけて丁寧に作製されるため、非常に精度の高い入れ歯を作製することが可能です。

 

床(しょう)と呼ばれるピンクの部分は厚みがあり、違和感があると思います。

いっぽう自費診療の入れ歯の場合、床の部分にシリコンや金属を使うことで食事を美味しく頂けることが可能になります。

また人工歯にセラミックを使用することができることは、審美面において保険と自費に大きな差が出ることになります。

セラミックは陶器の素材で白く美しい、天然歯に近い素材です、汚れもつきにくく、見た目が非常に美しいという特徴があります。したがって見た目にも天然歯と近い色味の入れ歯であると言えるでしょう

 

■自費の入れ歯は、より天然歯に近く美しく作製できる

保険と自費を比べると、どうしても審美面に差がついてしまいます。もちろん保険診療でも患者様にフィットした入れ歯を作ることは可能です。しかし素材をはじめとした各種制約があり、プラスチックしか使えないということは、将来的な変色のリスクも持ち合わせています。

保険の入れ歯は機能回復手段として最もオーソドックスな治療法です。しかしより美しさを求めた入れ歯をご希望の場合、保険の入れ歯と自費の入れ歯には大きな差がついてしまいます。

それぞれの特徴をしっかりと理解し、ご自身に最も適した入れ歯を作製するようにするとよいでしょう。

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は「タクヤデンタルクリニック」にお任せください。

インプラント・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・審美歯科・予防歯科など様々な歯の治療に対応しております。

所在地 山形県山形市嶋北4丁目2番33号(ヨークタウン嶋)
電話番号 023-681-4182
診療時間 午前 8:30~12:00 午後 13:30~18:00
土曜日:午前8:30~12:30 午後13:30~17:00
休診日 日曜・祝日
駐車場 駐車場完備-お車でお越しいただけます。
ページトップへ