スタッフブログ

フッ素を歯に塗るとどんな効果があるのか?

「フッ素」という言葉は皆さんよくご存じだと思います。歯科医院でのフッ素塗布やフッ素入りの歯磨き剤など、フッ素という言葉は幅広く知れ渡っていることでしょう。

ではフッ素を取り入れることでどんな効果があるのかについて、もういちどきちんと知っておきましょう。

 

■フッ素の役割とは?

フッ素は、私たちの身の回りに存在しています。例えばごく微量ですが水や土、食品などにも含まれており、気が付かないうちに自然と摂取していると言えます。

 

・虫歯予防

ではフッ素は歯に対してどのような効果があるかというと、まず挙げられるのが「虫歯予防」です。歯科医院でのフッ素塗布やフッ素入り歯磨き剤、学校などで行われるフッ素洗口などを行うことで、虫歯を予防する効果が期待できることはよく知られています。

虫歯は虫歯菌が作り出す「酸」により歯が溶けてしまいますが、フッ素は酸に対する抵抗力を強くする働きがあります。

 

・歯質を強くする

私たちの歯は飲食を行うと歯の表面が少し溶ける「脱灰」と、唾液が持つ成分により溶けた表面が修復される「再石灰化」が繰り返されています。虫歯になりにくい歯というのは、歯の再生能力が強い歯ということになります。

歯の表面はエナメル質からできていますが、このエナメル質は主にハイドロキシアパタイトというリン酸カルシウムの結晶から作られています。ここでフッ素を取り込むことでハイドロキシアパタイトは「フルオロアパタイト」という物質に変化します。このフルオロアパタイトは歯を脱灰させる酸に対し、酸に強い結晶構造に変化することで歯質が強化されます。

 

つまりフッ素を取り入れることで酸に対する抵抗力を強め、再石灰化を促して強く丈夫な歯を作り出す役割を持っているのです。

 

■フッ素はごく初期の虫歯に有効

虫歯は、虫歯菌が作り出す酸により歯が溶ける病気です。フッ素は歯の表面を修復させる働きがあるため、歯の表面が少し溶けて白く濁っている脱灰状態では歯を削らず、フッ素を塗布して様子を見ることがほとんどです。

しかしフッ素を塗っているからと言って必ずしも虫歯にならないわけではありません。丁寧なブラッシングとともに、時間を決めて間食を摂る、甘いものを摂り過ぎないなどの生活習慣を見直し、フッ素だけに頼らないことが大切です。

 

また乳歯は特に酸に弱く虫歯になりやすことから主に子どもに対してよく使われますが、子どもだけでなく、大人にも有効です。歯質を強化し、知覚過敏などの症状の改善に効果的なため、大人でも積極的にフッ素を採り入れるとよいでしょう。

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は「タクヤデンタルクリニック」にお任せください。

インプラント・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・審美歯科・予防歯科など様々な歯の治療に対応しております。

所在地 山形県山形市嶋北4丁目2番33号(ヨークタウン嶋)
電話番号 023-681-4182
診療時間 午前 8:30~12:00 午後 13:30~18:00
土曜日:午前8:30~12:30 午後13:30~17:00
休診日 日曜・祝日
駐車場 駐車場完備-お車でお越しいただけます。
ページトップへ