スタッフブログ

セラミックの被せ物、詰め物のメリット

虫歯治療で使われる詰め物や被せ物は保険適用素材の他に、セラミックを使った自費の素材があります。ではセラミックを使った被せ物や詰め物にはどのようなメリットがあるのでしょうか。保険適用素材と比較しながらセラミックの特徴をご紹介したいと思います。

 

■虫歯治療について

浅い虫歯の場合、虫歯になっている部分を削ってレジンを詰める治療を行います。

しかし少し深めの虫歯や、神経を取らなければならないほど深い虫歯の場合、詰め物や被せ物を装着して機能を回復させる必要があります。

神経に近い部分まで虫歯が進行した場合は、インレーと呼ばれる詰め物を装着し、神経を取って根の治療である根管治療を行った歯は土台を形成し、クラウンと呼ばれる被せ物を装着して噛む機能を修復します。

 

■虫歯治療で使われる補綴物について

では、虫歯治療で使われる保険素材と自費素材それぞれのインレーとクラウンの素材の特徴をご紹介します。

 

・保険のインレー、クラウン

主に金属素材が使われる。ただし保険改正により、小臼歯にCAD/CAM冠という白いクラウンが使用可能。また条件付きながら、下顎第二大臼歯にもCAD/CAM冠が適用可能となった。

 

保険適用の補綴物の場合、費用が安いことがメリットです。

しかし銀歯の場合、歯と補綴物との間にわずかな段差が生じるため、そこから虫歯菌が入り込んで再び虫歯になる二次カリエスのリスクが非常に高くなることが大きなデメリットです。

またクラウンの場合、劣化して溶けだした金属イオンにより歯ぐきに黒ずみが生じる「メタルタトゥー」や、金属アレルギーのリスクが高くなり、審美面とともに健康面にも影響が出る可能性があることがデメリットです。

 

・自費素材のインレー、クラウン

オールセラミックなどセラミックを使った自費素材は、白く美しく、審美的に非常に優れた素材です。またプラスチックに比べて汚れが付きにくいため、プラークやステインが付着しにくく、美しさをキープすることが可能です。

また歯と素材との密着性に優れており、虫歯菌や唾液が入りにくいため二次カリエスの予防にも適しています。銀歯はどうしても二次カリエスのリスクを持ち合わせていますが、セラミックにすることで二次カリエスのリスクを低減することが可能であることは大きなメリットと言えるでしょう。

またオールセラミックやジルコニアセラミック、セラミックとレジンを混ぜたハイブリッドセラミックは金属を一切使っておらず、メタルタトゥーや金属アレルギーを引き起こしません。体に優しい素材であることも、セラミック治療の優れた点と言えるでしょう。

 

デメリットは、保険外治療となるため費用が高額になることです。費用は歯科医院により異なるため、基準がわかりにくいかもしれません。

 

■セラミック治療は美しい歯を長持ちさせることができる

セラミックを使った補綴物は、審美性に優れているだけでなく二次カリエスを起こしにくい、そしてメタルタトゥー、金属アレルギーを引き起こさない優れた治療法です。

銀歯は安価ですが、二次カリエスを繰り返すため最終的には歯を失ってしまうことも考えられます。

歯の美しさだけでなく、歯の健康を守ることができるセラミック治療を選択肢のひとつとして考えてみてはどうでしょうか。

 

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は「タクヤデンタルクリニック」にお任せください。

インプラント・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・審美歯科・予防歯科など様々な歯の治療に対応しております。

所在地 山形県山形市嶋北4丁目2番33号(ヨークタウン嶋)
電話番号 023-681-4182
診療時間 午前 8:30~12:00 午後 13:30~18:00
土曜日:午前8:30~12:30 午後13:30~17:00
休診日 日曜・祝日
駐車場 駐車場完備-お車でお越しいただけます。
ページトップへ