スタッフブログ

インプラント手術に痛みはあるの?

インプラントをしたいけど、手術が怖い、痛みが心配でなかなか踏み切れない、という方もいらっしゃるかもしれません。安心してインプラント手術を受けるためにも、インプラントの手術の痛みについてお話をしたいと思います。

 

■インプラント手術の痛みについて

インプラントは外科手術を行って顎の骨にインプラント体を埋め込みます。顎の骨に穴を開けるなんて怖い、と思われるかもしれませんが、実際は抜歯と同じように麻酔の注射を打って処置を行います。そのため想像するような痛みを伴うことはまずありません。

麻酔が効いているかどうかをきちんと確認してから処置を行うため、心配することはないため安心して手術を受けて下さい。

 

また歯科医院によっては「静脈内鎮静法」という麻酔の方法を取り入れているところもあります。

通常の麻酔は歯ぐきに注射針を刺してゆっくりと麻酔液を歯ぐきに浸透させて感覚を鈍らせます。

これに対し静脈内鎮静法は麻酔液を静脈に流すことで半分眠っているような感覚の中で手術を受けるため、痛みを感じることをないまま手術を終えることになります。

特に高血圧の方などは、この静脈内鎮静法が非常に有効であると言われています。

この静脈内鎮静法は、オールオン4を行うときに用いられることが多いかもしれません。

 

手術後は痛み止めを服用し、麻酔の効果が切れたあとの痛みに対し、あらかじめ対処しておきます。

 

■インプラント手術の流れ

ではインプラント手術の流れをご紹介します。手術の流れを把握しておくことで、より安心して手術に臨むことができるでしょう。

 

  • 手術当日は体調に変化はないかどうかを確認し、手術の可否を確認する
  • 歯ぐきに麻酔の注射を打ち、痛みを感じない状態にしてから手術を行う。
  • 二回法の場合は歯ぐきを縫合し、インプラント手術を終える。
  • 手術後、痛み止めを服用していただき体調に問題がなければ帰っていただく
  • およそ1週間後、縫合した糸を抜く処置を行う。糸を抜くときに多少チクチクするような痛みを感じるかもしれません。

 

その後数か月間、インプラント体と顎の骨が結合するための安静期間に入ります。

骨とインプラント体の結合が確認できたのち、歯ぐきに埋めたアバットメント(インプラントと人工歯を繋ぐ連結部品)を露出するための二次手術を行います。この時も麻酔の注射を行いますが、二次手術は時間も短く比較的簡単に終わります。

 

インプラント手術の痛みは心配しなくても大丈夫

インプラント手術に伴う痛みについてお話をしました。

「手術」と聞くと、ものすごく痛いのではないかと思われるかもしれませんが、抜歯とほとんど変わりません。麻酔の注射を使うため、痛みを感じないまま処置が終わります。

また手術後は痛み止めを服用して対処するため、インプラントは恐い、と思っている方でも安心して手術を受けていただけるのではないかと思います。

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は「タクヤデンタルクリニック」にお任せください。

インプラント・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・審美歯科・予防歯科など様々な歯の治療に対応しております。

所在地 山形県山形市嶋北4丁目2番33号(ヨークタウン嶋)
電話番号 023-681-4182
診療時間 午前 8:30~12:00 午後 13:30~18:00
土曜日:午前8:30~12:30 午後13:30~17:00
休診日 日曜・祝日
駐車場 駐車場完備-お車でお越しいただけます。
ページトップへ