虫歯治療

当院がこだわる虫歯治療と虫歯予防とは

虫歯治療によって歯の寿命は大きく変わります!「削らない」「抜かない」「精密な」治療で歯の健康を保ちます

歯を不必要に削らず痛くない虫歯治療を追及しています

虫歯といえば、「痛むもの」「歯医者で歯を削って治療するもの」というイメージをお持ちかもしれません。
けれども、虫歯はできるだけ早い段階で発見して治療を開始すれば、歯を削ったり痛みを伴う処置を行わずに治療することが可能です。

まだ「痛み」や「歯がしみる」などの自覚症状がなければ、「もしかして虫歯!?」と思っても、「まだ大丈夫」「歯医者に行く時間がない」「歯医者は苦手」などと、ついついそのままにしてしまうこともありますね。

歯が虫歯になり始めたごく初期の段階であれば、虫歯を進行させない処置と患者様のメンテナンスで「歯を削る」ことなく治療を行うことが可能ですし、治療に痛みを伴うこともありません。
早期発見で患者様と患者様の歯に優しい治療ができますので、虫歯が気になったらぜひ当院をご受診ください。

初診時の治療の流れはこちら なるべく痛くない治療について

なるべく削らず虫歯の取り残しのない精密な虫歯治療を実現するために

虫歯治療で重要なことは2つあります。
それは、「虫歯菌に侵された組織を完全に取り除くこと」と「健全な歯質を可能な限り残す精密な治療を行うこと」で、この2つをできるだけ両立させることが重要です。

虫歯菌に侵された組織が残っていると、そこから再び虫歯が広がっていき歯を残すことができなくなってしまいます。

その反面、歯を大きく削ると虫歯菌の発生させる酸に最も強いエナメル質を減らしてしまうことになり、削った歯を補う人工物と残った歯との境界部分が広がれば、その部分からの虫歯の発生リスクが上がります。

この2つの条件をできるだけ満たすために、当院では下記のこだわりを持った虫歯治療を行っています。

う蝕検知液(うしょくけんちえき)を使用して虫歯菌に汚染された組織を確実に取り除きます

う蝕検知液

当院では、虫歯治療に「う蝕検知液」を使用しています。

う蝕検知液を虫歯になった歯に塗布すると、虫歯菌によって変性した歯質が赤く染まります。虫歯菌に侵されていない健全な歯質は染まらずに区別できるので、虫歯菌に侵されている歯質だけを確実に取り除き、健全な歯質を削り過ぎない治療を行うことができます。

拡大鏡を使用してさらに治療の精度を上げています

拡大鏡

う蝕検知液を使用して虫歯の取り残しを防ぐとともに、当院では拡大鏡を使った虫歯治療も行っております。拡大鏡を使用して治療を行うと、肉眼だけで虫歯を取り除くよりもより高い精度で虫歯を完全に取り除くことができます。

拡大鏡を用いると、肉眼では見えにくい細部の虫歯も見落とさず、さらに健康な歯質をできるだけ残す治療ができます。当院こだわりの精密な歯科治療には欠かせない装置なので、極力歯を削らないで済むように、必要に応じて使用しています。

小さな虫歯であれば保険診療内で白く自然な治療が可能です

虫歯の経過観察をお勧めする場合

虫歯のはじまり

歯の表面が溶け始めたばかりのごく初期の小さな虫歯であれば、適切な口腔ケアで虫歯の進行が止められます。そのため、初期段階の小さな虫歯であれば多くの場合、歯を削る治療を行わずに経過観察する治療が勧められています。

当院でもこの段階の虫歯であれば、歯を削らずに経過観察をお勧めしています。

ただし、初期段階であるといっても、虫歯になった部分の歯質は他の健康な歯質よりも弱くなっているので、その部分の歯質を強化して虫歯に対する抵抗性を上げるためにフッ素塗布を行ったり、定期健診、患者様のセルフケアを励行していただいて、それ以上の虫歯の進行を防ぐアドバイスを行います。

患者様のセルフケアをより確実に行っていただくために、歯科衛生士が正しいブラッシング方法をお伝えします。患者様と当院スタッフと協力して虫歯の進行を防ぎ、なるべく歯を削らないようにしていきましょう。

虫歯を削る必要がある場合

虫歯

もし虫歯を削る必要がある場合には、必要最小限の歯質を削るにとどめ、歯と同じ色調の合成樹脂(コンポジットレジン)を削った部分に詰めて固める治療を行います。

このコンポジットレジン(略称CR)を歯に詰める(充填)する治療法をCR充填と呼びます。CR充填に用いられるコンポジットレジンの材質や術式は近年大いに進歩し、以前なら金属を使って修復していた虫歯治療が、歯に近い色調のコンポジットレジンで修復できるようになりました。

当院でも、保険内診療でも患者様の歯に合った色の自然な治療ができるように、使用するコンポジットレジンの調整には手間をかけ、満足度の高い治療を行わせていただいています。

※削る虫歯の範囲が大きくなり、CR充填の強度では歯のかみ合わせの力に耐えられなくなると、インレーと呼ばれる詰め物の治療やクラウンと呼ばれるかぶせ物の治療になります。その場合には、いくつかある修復材の中から素材を選んでいただくことになります。

詰め物の素材の種類と料金表はこちら

大きな虫歯は精度の高い治療を行ってなるべく神経を残します

進行した大きな虫歯の治療で当院が大切にしていることが2つあります。
1.進行した虫歯でもなるべく神経を取らない治療をする
2. 神経を取る場合には精度の高い根管治療を行って歯の寿命を延ばす

1.進行した虫歯でもなるべく神経を取らない

歯の中心にある歯の神経は、歯の細胞全体の生命活動を維持しています。そのため歯の神経を抜いてしまうと、歯の中の細胞は死んでしまうので、歯の強度が低下してもろくなったり、歯が黒ずんで変色したりします。

また、歯の神経を取ってしまうと虫歯や歯周病に対する抵抗力も低下するので、虫歯や歯周病が発生しやすくなり、歯の寿命が健康な歯と比べると著しく短くなってしまいます。

中には虫歯が進行しすぎていて、どうしても神経を残せない場合もあります。また、神経を残す治療を行ってはみたものの、その後再び痛みなどの急性症状が出てくることもあります。その場合は、患者様と相談しながら最適な治療法を選んでいくようにさせていただいています。

2.神経を取る場合には精度の高い根管治療を行って歯の寿命を延ばす

虫歯の神経を取る治療を行う場合に大切なのは、神経の通っている「根管」の治療をきちんと行うことです。
根管の中を細菌に汚染されないように清潔に保ち、神経を取った後の根管内を隙間なく封鎖して、その後の歯冠を作るためのしっかりとした土台作りを行います。

根管治療は、歯根の中の目に見えない部分で行われるので患者様には分かりづらい部分ですが、この根管治療をおろそかにすると歯が長持ちしないので、後からいくら良い修復材を使って歯冠を作っても、残念な結果になることが多いのです。

当院では、根管治療を拡大鏡などを利用した高い精度で行うことで、少しでも歯の寿命を延ばす治療を行っています。

虫歯予防の大切さ

ここまで当院で行う虫歯治療のこだわりについて紹介させていただきました。
虫歯になった時には、精度の高い治療を行って虫歯の進行と歯の破壊、そして歯の機能低下を止めなければなりませんが、虫歯予防に勝る虫歯治療はありません。

どんなに精度の高い虫歯治療を行っても、虫歯で失った歯質を元通りに再生させることはできないからです。

  • 虫歯にならないためにできること

    食べ物が口の中に入ると虫歯菌の働きで酸が発生し、その酸によって歯が溶けて虫歯ができ始めます。口の中の唾液はアルカリ性なので虫歯菌の産生する酸を中和してくれますが、
    くり返し歯が酸にさらされると唾液での酸の中和が追いつかず、それだけ虫歯になりやすくなります。

    虫歯にならないようにするためには、口の中が酸性になる回数とその持続時間をできるだけ少なくしないといけません。

    そのために虫歯菌の好む糖分の多い食品を控え、間食を控えるなどの食生活の改善や、毎日の歯磨きでの口腔ケアが大切になってきます。

    特にお子さまの場合は、大人よりも歯が虫歯に侵されやすく甘い物を好んで食べられるので、なお一層、食事習慣や歯磨き習慣が大切です。

  • メンテナンスと適切なセルフケアは虫歯治療に勝ります

    • メンテナンス
    • メンテナンス

    虫歯になり始めた段階であれば、積極的な治療は行わずに経過観察しながら虫歯の進行を食い止めることが可能です。それを可能にするためには、虫歯の早期発見が欠かせません。

    しかし、虫歯を初期段階のうちに自分で発見することはなかなか容易ではありません。
    そこで、歯科医院に定期健診に来ていただき、お口全体の虫歯のチェックをしていただくことが大切になるのです。

    定期健診では虫歯だけでなく歯周病のチェックも行えますので、虫歯治療や歯周病治療が終わってからも、引き続き定期健診にお見えになって健康な歯を守っていただきたいと思います。

    また、歯を虫歯から守るためには、適切なセルフケアを継続して行うことも欠かせません。

    当院では、歯科衛生士による患者様お一人お一人に最も適するブラッシング法のアドバイスやメンテナンスを提供させていただいております。虫歯治療後も虫歯の不安なく健康な歯を保つためにぜひ当院にご来院ください。

お口のことで気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。電話番号はこちら023-681-4182です。
ページトップへ