スタッフブログ

歯周病と医療費の関係

「定期的に歯のクリーニングに通うとお金がかかるから行きたくない」と感じる方はいませんか?確かに歯周病予防のための歯石除去やクリーニングはある程度費用がかかります。しかし歯周病になってしまうと、かえって医療費がかかってしまうのです。今回は歯周病と医療費の関係に焦点を当ててみたいと思います。

 

■歯周病の怖いところとは

歯周病は虫歯と並んで歯を失う2大疾患のひとつと言われており、特に最近は虫歯よりも歯周病によって歯を失うケースが増えてきていると言われています。

歯周病を予防するためには毎日の歯磨きに加え、歯科医院で定期的な歯石除去やクリーニングが必要です。

しかし治療ならともかく、予防のためにわざわざ高いお金を払う必要はないのではないか、また歯石除去やクリーニングはお金がかかるからという理由で受診しなくなると、歯周病は確実に悪化します。

歯周病が進行するとどのようになるか、自覚がない方もたくさんいらっしゃいます。そこが歯周病の怖いところであり、症状が悪化するまで歯周病に気づかない方も少なくありません。歯ぐきの腫れや出血の初期症状から始まり、口臭がきつくなる、歯ぐきが下がる、顎の骨が吸収され始めて歯が揺れ動くという症状に進行します。さらに悪化すると歯ぐきに膿が溜まり、ひどい口臭を放つため周りに不快感を与えてしまいます。そしてますます歯が揺れ動き、最終的に抜け落ちるか抜歯になってしまいます。

 

定期的に歯石除去を受けていると、歯周病の進行を抑制し、現状維持を保つことができますが、何も気になることはないからと定期検診を受けずにいると、後悔する結果が待ち受けていると言っても過言ではありません。

 

■歯周病は全身の健康に関わっている

歯周病の怖いところは、お口の中だけでなく体の健康にも関わっているところです。

特に関わりが深い全身疾患として糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、誤嚥性肺炎、骨粗鬆症、早産および低体重児出産などが挙げられます。

特に糖尿病は合併症を伴う怖い病気です。この糖尿病は歯周病と関わりが非常に強いと言われています。

 

全身の病気になると医療機関を受診する機会が増え、医療費が増えてきます。

また歯周病になって歯を失うと、噛む機能が著しく低下し、体の健康にも悪い影響をあたえてしまいます。食事が疎かになることで体の健康を損ね、様々な病気のもとになるのです。

 

■生涯医療費を抑えるためにも定期検診はきちんと受けるべき

定期検診を受けると確かに費用は必要になります。しかし定期検診を受けずに過ごすと、やがて歯石が溜まって歯周病リスクが高まり、気付かない間に症状が進行します。

歯周病になると歯がグラグラしてしっかり噛めなくなり、体の健康にも影響が及んでしまいます。体の健康に影響が出ると医療機関を受診する回数が増え、結果的に費用がかかることになってしまいます。医療費を抑えるためにはまず健康でいることが第一です。

歯周病にならないためにも、定期検診はきちんと受けておきましょう。

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は「タクヤデンタルクリニック」にお任せください。

インプラント・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・審美歯科・予防歯科など様々な歯の治療に対応しております。

所在地 山形県山形市嶋北4丁目2番33号(ヨークタウン嶋)
電話番号 023-681-4182
診療時間 午前 8:30~12:00 午後 13:30~18:00
土曜日:午前8:30~12:30 午後13:30~17:00
休診日 日曜・祝日
駐車場 駐車場完備-お車でお越しいただけます。
ページトップへ