スタッフブログ

歯医者のセカンドオピニオンとは

医科ではよく耳にするセカンドオピニオンですが、歯科においてもセカンドオピニオンが普及しつつあります。では歯科医療におけるセカンドオピニオンとはいったいどのような意味を持つのでしょうか。

 

■主治医以外の意見を伺うセカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、主治医以外の医師による診断や治療法の説明を受けることです。セカンドオピニオンのメリットは、主治医外の意見を聞くことで治療方針の選択の幅が広がることでしょう。

セカンドオピニオンを受ける明確な基準というものは実は存在せず、患者様が現在の治療法に納得がいかない、あるいはもっと違う治療法があるのではないかと感じ、他の歯科医師の意見が聞きたいと思われたときにセカンドオピニオンを受けるというケースが多いと思います。

虫歯治療ひとつとっても、保険診療と自費治療があり、費用も当然変わってきます。

またそれによって治療費も大きく異なるため、納得のいく治療を受けるためにもセカンドオピニオンを受ける価値はあるでしょう。

 

■患者様の希望する治療が最良の結果を導くとは限らない

患者様が希望される治療法が、必ずしも最良の結果を導くとは限りません。

歯科医師は歯科治療のプロです。今目先の状態よりも、今後のお口の中の状況を良いものにするために、先を見据えた治療法を提案することがあり、それは患者様の希望と異なることもあります。

 

例えば、患者様はまだ残せると思っている歯が、主治医にとっては抜歯したほうがよいと判断するケースがあります。患者様にとっては、なぜ残せるかもしれないのに抜いたほうがよいのか疑問に思うでしょう。もちろん一本でも歯は残したほうがよいのですが、歯を残すことでかえって噛む機能が落ちてしまったり、他の歯に影響が出てしまうことを考慮すると抜歯すべきと判断することがあります。

患者様が望む治療を行うことが必ずしも良い結果を導くとは限りません。このような場合にもセカンドオピニオンを受け、他の歯科医師の意見を聞くことは非常に有意義でしょう。

根管治療を非常に得意としている歯科医院なら、精密根管治療を行って歯を残す方法を提案するかもしれません。予防治療を主体としている歯科医院は歯周内科を勧めるかもしれません。あるいはどこの歯科医院でも「これは抜歯したほうがよい」と言うかもしれません。

 

セカンドオピニオンは、複数の歯科医師の意見を聞くことでそれぞれのメリットやデメリットを把握し、治療の選択肢を広げることが可能です。その結果、自分では思ってもみなかった治療を受けることで将来的な歯の健康を保つことができることもあります。

 

■セカンドオピニオンと転院の違い

セカンドオピニオンとは、現在の主治医以外の意見を聞くことであり、無断で転院することとは異なります。セカンドオピニオンを受けたいと言い出しにくいかもしれませんが、これまでの検査結果やレントゲン写真などのデータが必要になります。また紹介状も必要になるため、遠慮せず申し出て下さい。

またセカンドオピニオンは保険適用外となるため、大学病院や歯科大学附属病院などは費用が高くなることがあります。事前に問い合わせてからセカンドオピニオンを受けると安心です。

 

歯科医におけるセカンドオピニオンは、よりよい治療を受けることができるメリットを持ち合わせています。歯科治療はご自身が納得して受けることが大切です。セカンドオピニオンはその可能性を広げるためにも活用するとよいでしょう。

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は「タクヤデンタルクリニック」にお任せください。

インプラント・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・審美歯科・予防歯科など様々な歯の治療に対応しております。

所在地 山形県山形市嶋北4丁目2番33号(ヨークタウン嶋)
電話番号 023-681-4182
診療時間 午前 8:30~12:00 午後 13:30~18:00
土曜日:午前8:30~12:30 午後13:30~17:00
休診日 日曜・祝日
駐車場 駐車場完備-お車でお越しいただけます。
ページトップへ