スタッフブログ

根管根充とはどのような状態のことを言うのか

神経まで達した虫歯や、外傷による歯の破折で神経がむき出しになった場合などは、神経の治療である根管治療を行う必要があります。今回は根管治療と、根管治療の最終段階である根管根充についてご説明いたします。

 

■歯を残すための根管治療について

歯はエナメル質、象牙質そして歯髄で構成されています。

歯髄には歯の神経や血管が通っており、ここに何らかの原因で炎症が起きると、激しい痛みを伴います。そのままにしておくと炎症が根の先まで広がり、歯ぐきの腫れや膿を伴い、非常に強い痛みを伴います。このような事態を避けるためにも原因となっている細菌を取り除き、根の炎症を鎮める根管治療を行う必要があります。

根管治療は次の3つの治療法があります。

 

・抜髄・・・神経のある歯が細菌感染により炎症を起こす。歯の神経を取り除いて根の中をきれいに消毒する。

 

・感染根管治療・・・以前治療を行い、被せ物がセットされている歯の根管内部に再び細菌感染が起きている状態。被せ物を取り除いて根の中を消毒する根管治療を行うこと。

 

・再根管治療・・・はじめての根管治療後がうまくいっていない状態。根管治療を終えたにもかかわらず、いつまでも違和感や痛みが残る、あるいは月日が経ってこのような状態が起こる場合、最初の根管治療で細菌が完全に取り切れていないことが原因と考えられる。

 

■根管根充とは

根の中をきれいに消毒し、細菌を完全に取り除いたら最終的な薬を詰めて根の中を密閉し、細菌が入り込まないようにします。これを「根管根充」といい、根管治療の最終段階です。

根管根充を行ったらレントゲン写真を撮影し、きちんと根の先まで薬が詰められているかどうかを確認し、根管治療を終えます。

問題がなければ土台を立てて被せ物の型取りを行い、噛む機能を取り戻すための修復治療へと進みます。

 

根管根充で大切なことは、根の先までぴっちりと薬が詰められているかどうかです。根の先まで薬が詰められていないとわずかな隙間から細菌が入り込み、再び違和感となって現れます。

 

■根管根充を終えるまでは治療を中断しないこと

根管治療で大切なことは、根の治療を終えるまでは決して通院をやめないことです。患者様の中には痛みがなくなったから、忙しいからと根管治療の途中で通院を中断する方もおられます。特に痛みが激しい場合、抜髄を行うとウソのように痛みが治まるため、通院しなくなる患者様が多いことも事実です。

しかし根管治療を途中で止めてしまうと、根の中に残っている細菌が増殖し、いつまでも痛みが引きません。悪化してしまうと最悪の場合、抜歯しなければならなくなってしまいます。

根管根充を終えるまでは決して勝手に通院を止めないことを心がけて下さい。

 

■根管治療を得意としている歯科医院を選ぶこと

根管治療はどこの歯科医院でも行なっている反面、高い技術と精巧な治療を必要としています。少しの細菌の取り残しや根管充填がうまく行われない場合、再治療を繰り返し、最終的に歯を残せなくなってしまいます。

大切な歯を残すための根管治療を受けるためには、根管治療の実績が豊富な歯科医院を選ぶようにして下さい。

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は「タクヤデンタルクリニック」にお任せください。

インプラント・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・審美歯科・予防歯科など様々な歯の治療に対応しております。

所在地 山形県山形市嶋北4丁目2番33号(ヨークタウン嶋)
電話番号 023-681-4182
診療時間 午前 8:30~12:00 午後 13:30~18:00
土曜日:午前8:30~12:30 午後13:30~17:00
休診日 日曜・祝日
駐車場 駐車場完備-お車でお越しいただけます。
ページトップへ