スタッフブログ

メタルフリー治療になることでどのようなメリットがあるのか

お口のなかに金属を使った補綴物などがあると、色々な悪影響を引き起こす可能性が高くなります。そこで注目されているのが「メタルフリー」という金属を全く使わない治療法です。ではメタルフリー治療を行うことでどのようなメリットを得ることができるのでしょうか。

 

■金属素材が与える悪影響とは

お口の中に使われる金属として挙げられるのは、銀歯と呼ばれる金属を使った詰め物や被せ物、また被せ物を被せるための土台、そして矯正装置などです。

お口のなかに金属素材が存在することでまず懸念されるべき点は、金属アレルギーです。

金属アレルギーとは、指輪やピアスなどのアクセサリーを身に着けた時に肌に起こる赤みや痒みなどの症状がよく知られています。

しかし貴金属を身に着けていないのに湿疹ができる、アトピー性皮膚炎のような症状が出てきた、肩が凝るなど、一見すると歯科治療には関係のない症状が、実はお口の中の銀歯が原因である場合があります。

また口内炎や粘膜部分が赤くなるなど、お口のなかに直接症状が現れることも銀歯による金属アレルギーが引き起こしていると考えられます。

 

そしてイオン化した金属が溶け出すことによる、歯ぐきへの色素沈着の原因にもなり、審美面を大きく損ねてしまいます。

詰め物や被せ物に使われている金属は金銀パラジウム合金や、昔の歯科治療でよく使われたアマルガム、そして矯正装置装置では銀合金などがあり、いずれも金属アレルギーの原因になります。特にアマルガムは毒性が強い金属のため、お口のなかから取り除くことが望ましいでしょう。

 

このように、お口のなかにある金属素材は口腔内のみならず、体にも影響を与える可能性が非常に高い素材なのです。

 

■メタルフリー治療とは

上記に挙げたような症状は、お口のなかにある金属素材が原因で起こります。

このような症状を改善するためには、まずお口の中の金属素材を取り除き、金属を全く使わない治療を行うことが必要です。

金属を全く使わない素材はセラミックを使った治療法です。被せ物や詰め物をオールセラミックやジルコニアセラミック、ハイブリッドセラミックといった金属を一切使わない素材に置き換えることで金属アレルギーの心配やメタルタトゥーの心配がなくなります。

また金属の土台は銀合金のメタルコアからガラス繊維を使ったファイバーコア、プラスチック素材を使ったレジンコアを使います。

矯正装置はメタルブラケットやワイヤーをセラミックブラケットやホワイトワイヤーにするか、マウスピース矯正に変えることで対処できます。

 

メタル=金属です。金属はお口のなかに存在すると非常に目立ち、審美面を大きく損ねます。そしてそれ以上に健康への害が心配されます。

お口のなかから金属を取り除き、セラミックなど金属を全く使わないことで審美面は回復し、体への悪影響の心配もなくなることから健康的な毎日を送ることができるでしょう。

 

このコラムを読んでお口の中の銀歯が気になった方は、是非メタルフリー治療を考えてみて下さい。値段には代えられない健康を手に入れることが必要ではないでしょうか。

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は「タクヤデンタルクリニック」にお任せください。

インプラント・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・審美歯科・予防歯科など様々な歯の治療に対応しております。

所在地 山形県山形市嶋北4丁目2番33号(ヨークタウン嶋)
電話番号 023-681-4182
診療時間 午前 8:30~12:00 午後 13:30~18:00
土曜日:午前8:30~12:30 午後13:30~17:00
休診日 日曜・祝日
駐車場 駐車場完備-お車でお越しいただけます。
ページトップへ