スタッフブログ

インプラントにするとどんなメリットがあるの?

抜歯などで歯を失ってしまったら次は噛む機能を回復させるための治療が必要になります。

咀嚼機能を回復させる治療法のひとつにインプラントがありますが、インプラントにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

■インプラントとは

インプラントとは固定式の人工歯根のことで、外科手術により失った歯の部位の歯槽骨にインプラント体を埋入し、その上に人工歯を装着して噛む機能を回復させます。

インプラント体はほとんどが純チタンまたはチタン合金でできており、生体親和に優れています。

インプラントは顎の骨に埋め込む人工歯根部分の「フィクスチャー」、インプラント体と人工歯を連結する「アバットメント」そして人工歯である「上部構造」という3つのパーツで構成されている「2ピース型」が基本です。その他にフィクスチャーとアバットメントが一体化した「1ピース型」があります。

インプラントの手術方式には一回法と二回法があり、患者様のお口の中の状態などによって手術方式が決定されます。

 

■インプラントのメリットとは

ではインプラントのメリットについてご紹介いたします。

 

・天然歯とかわらない自然な噛み心地

・審美性に優れている

・他の歯に影響を与えない

・顎の骨の吸収を抑制する

 

インプラントのメ最大のメリットは、機能と審美性を兼ね備えているところです。

同じ咀嚼機能回復治療でも、入れ歯は噛む力が弱く、硬いものや粘着性のあるものなどは噛み辛いという欠点があります。また保険適用の入れ歯の場合、金属のバネが見えてしまうため審美性に劣ってしまいます。インプラントはご自分の歯に近い感覚でしっかりと噛むことができること、そしてオールセラミックなどの人工歯により審美性にとても優れており、快適な日常生活を取り戻すことができるでしょう。

 

また他の歯に影響を与えないことも、インプラントの注目すべきメリットです。

入れ歯やブリッジの場合、バネをかける歯や土台となる歯に大きな負担がかかり、歯の寿命に少なからず影響を与えてしまいます。

特にブリッジは土台となる健康な歯をたくさん削らなければいけません。健康な歯を削ることはリスクが非常に大きく、将来的に歯を失う可能性が高くなってしまいます。ブリッジも保険適用ですが、歯をたくさん削ることは最大のデメリットです。

いっぽうインプラントは他の歯を削る必要がなく、失った歯の部分だけを治療するため他の歯に影響を与えません。そのため他の歯の健康を守ることができることは、インプラントの優れた点と言えます。

 

そして顎の骨に人工歯根を埋め込むことで、顎の骨の吸収を抑えることができます。

入れ歯やブリッジの場合、失った歯の部分の骨が吸収しやすいため、人工歯と歯ぐきの間に隙間が生じるようになり、食べ物が挟まりやすくなるなど煩わしさを感じるようになってしまいます。特に入れ歯の場合、顎の骨が吸収することで入れ歯が合わなくなり、次第にガタガタして噛めなくなってしまいます。

インプラントは人工歯根を埋め込んでいることで顎の骨の吸収を抑えることができるため、ガタつきなどを感じることはまずありません。

 

ただしインプラントには自費治療で高額な費用が必要になる、外科手術を伴う、体質によっては治療できない場合があるなどのデメリットを持ち合わせています。

 

■インプラントを希望する場合は、歯科医院選びが最重要

インプラントのメリットについてご紹介しました。インプラントには入れ歯やブリッジにはない機能性そして審美性を持ち合わせています。

メリットの多いインプラントですが、インプラント治療の成功の条件は歯科医院選びです。インプラント治療の実績や経験が豊富で、カウンセリングがしっかりと行われる歯科医院を選ぶようにして下さい。

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は「タクヤデンタルクリニック」にお任せください。

インプラント・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・審美歯科・予防歯科など様々な歯の治療に対応しております。

所在地 山形県山形市嶋北4丁目2番33号(ヨークタウン嶋)
電話番号 023-681-4182
診療時間 午前 8:30~12:00 午後 13:30~18:00
土曜日:午前8:30~12:30 午後13:30~17:00
休診日 日曜・祝日
駐車場 駐車場完備-お車でお越しいただけます。
ページトップへ