スタッフブログ

お子様の定期検診の重要性

歯の定期検診は、歯とお口の中の健康に欠かせませんが、歯の定期検診は大人のためだけだと思っていませんか?定期検診は小さなお子様に対しても行われます。このお子様の定期検診は大変重要な意味合いがあります。今回は、お子さまの定期検診の重要性についてお話をしたいと思います。

 

■子どもの定期検診の目的とは

小さなお子様の定期検診の目的は、大人と同じで歯の健康を守ることです。

お子様のうちから定期検診を受診することで、虫歯の有無や歯ぐきが腫れていないか、また生えてきた歯が正しく並んでいるかどうかなどを確認します。

 

またお子さまの定期検診には、もうひとつの目的があります。それは、幼いうちから定期検診を受診することによって、大人になっても定期検診を継続することです。歯は悪くなってから歯医者を受診するのではなく、歯を守る予防の意識を持ち、歯の健康を守るために定期検診を受診する意識を持っていただくことも、小さなお子様の定期検診の目的と言えるでしょう。

お子様の定期検診は、乳歯の間から虫歯にならないよう気をつけること、そして将来の歯並びや歯の健康を守るために大変重要な役割があるのです。

 

■お子様の定期検診で行うこと

ではお子様の定期検診ではどんなことが行われるのでしょうか。

 

・歯科医師によるお口の中の確認

虫歯や歯ぐきの腫れの有無、歯並びおよび咬合の確認をします。

 

・ブラッシングや歯石除去

年齢に応じて、歯磨きや歯石除去を行います。お子様でも唾液の質や口呼吸などにより、歯石が付くことがあります。歯石が付いている場合は除去します。

ブラッシングが上手くできないお子様には、歯磨き指導を行ない、ご家庭で上手に歯磨きできるよう指導します。

 

・フッ素塗布、シーラントなどの処置

フッ素塗布を行うことで、虫歯予防の効果が高まるだけでなく、歯の表面が少し溶けた「脱灰」を治癒することが可能となります。

また一般的に「6歳臼歯」と呼ばれる第一大臼歯は、生えたばかりはとても虫歯になりやすいため、歯の溝にコーティングを行う「シーラント」という処置を行い、虫歯を防ぎます。

■お子様の虫歯について

定期検診を受けることで、保護者の方では見つけにくい虫歯が見つかることがあります。早期に治療を行うことで歯を削る量が少なくて済みます。また歯の表面が少し溶けて表面が白く濁っている「脱灰」の場合は、歯を削らずにフッ素を塗って様子を見るなど、定期検診を受けていることで小さな異常を早期に発見することが可能となります。

 

■お子様にも「虫歯にならない」ことを理解してもらいましょう

虫歯治療と聞くと、小さなお子様はとても怖がってしまいます。小学生になってもやはり虫歯治療は恐いというお子様もまだまだたくさんいます。虫歯治療をしたくなければ、虫歯にならないように気を付けることが大切です。虫歯になってから治療に来るのではなく、虫歯にならないように定期検診を受けることを、保護者の方だけでなくお子様にもゆっくりと理解してもらってください。

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は「タクヤデンタルクリニック」にお任せください。

インプラント・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・審美歯科・予防歯科など様々な歯の治療に対応しております。

所在地 山形県山形市嶋北4丁目2番33号(ヨークタウン嶋)
電話番号 023-681-4182
診療時間 午前 8:30~12:00 午後 13:30~18:00
土曜日:午前8:30~12:30 午後13:30~17:00
休診日 日曜・祝日
駐車場 駐車場完備-お車でお越しいただけます。
ページトップへ