お口の中にも「ポケット」があります。

  • 投稿日:
  • by

皆さん、こんにちは。タクヤデンタルクリニック歯科医師の野川です。

山形は桜が見ごろの季節になりましたね。お花見はされましたか?

今日は前回に引き続き「歯周病」についておはなしさせていただきますね。

歯周病の進行具合を調べる方法に「歯周ポケット検査」があります。

歯周ポケットとは歯肉と歯の境目の溝のことです。歯と歯肉の間にはわずかな隙間があります。

つまり歯はその周りを溝に取り巻かれているのです。

浅い溝なら良いのですが、深い溝になるとお口の中の汚れが溝に溜まりやすくなります。

この汚れが入りこむことから「ポケット」と呼ばれています。お口の中のもポケットがあるのです。

このポケットは勿論、数字が少ないほうが健康な歯肉というわけです。

1~2mmで健康歯肉。4mmまでで軽度の歯周病。6mmまでで中等度の歯周病。それ以上になると重度の歯周病と考えています。

勿論そのほかにも、出血・動揺度など歯周病を測る検査はあり、総合的に診断されます。

ちょっと、自分の歯周ポケットはどの深さか気になってきませんか?

どうぞ、今度歯科医院で歯周病検査を受けられる際には、この「ポケット」を気にしてチェックしてみてください。

健康なお口のためにも定期的な検診を!

お花見4